新しい働き方LABとは?

クラウドソーシング大手のランサーズが主導して、近年増加の傾向にあるフリーランスの「繋がり・気づき・学び」をコンセプトに活動する全国的なコミュニティ。4月10日にリリースされ、4月18日に全国同時中継でオープニングイベントが開催されました。
中継された全国の拠点は札幌・郡山・前橋・新宿・名古屋・大阪・徳島・沖縄の8拠点。それぞれの場所にあるコワーキングスペースを拠点として様々なフリーランスの方々が参加されていました。
僕が参加した大阪の拠点は、堺筋本町にあるコワーキングスペースThe DECK。当日は全国の拠点の中でも参加者が多めだったようで約50名近いフリーランスの方々が来られていました。

https://twitter.com/lancers_lab/status/1118155717364436994

コミュニティマネージャーという存在

全国の各拠点には僕たちと同じ立場のフリーランスの方が、ランサーズからの依頼でコミュニティマネージャーとして場を仕切りまとめてくれていました。
大阪では2名の方がコミュニティマネージャーとして活動されています。
ランサーズとフリーランスというと、どうしてもプラットフォーム側と利用者という間柄になりそうですが、こういう方たちが間に入ってくれると親近感が沸くし同じ目線で話せるのでコミュニティも潤滑になりそうですね。

新しい働き方LAB
会場の様子

ランサーズの新サービス

イベントではまずモニターでランサーズで今夏から展開されるという新サービスの紹介がありました。
要約すると今までクラウドソーシングではクリエイティブ系の仕事が大半だったけれど、新たにビジネス系の仕事にも拡大していくという内容でした。なのでクリエイティブ系のフリーランスだけではなく、もっと様々な職種のフリーランスも巻き込んでいきたいという考えなのではないでしょうか。

新しい働き方LAB
ランサーズ新サービス説明

また今までのように受注者側が仕事を探しに行くのではなく、発注者側がフリーランスを探しにいく形のプラットフォームも想定しているとの事でした。

新しい働き方LAB
ランサーズ新サービス説明

全国同時中継の様子

その後はモニターで各拠点それぞれが紹介を行って、他の拠点がどんな感じなのかリポートしていました。拠点ごとに温度差があったり、大人数での同時中継なので難しそうな部分はありましたが、中にはアットホームそうな場所もあったりして、いろんな場所でいろんなフリーランスの人がいるんだな、と実感しました。
新しい働き方LABのサイト上で会員になると、全国のキャンパス(拠点)を限定料金で利用できるので、もし仕事でその場所に行くことがあればそのキャンパスを利用してみるのもいいかもしれません。

新しい働き方LAB
全国の拠点で同時中継の様子

最後は各拠点ごとで交流

全国での中継が終わってからは、それぞれの拠点のメンバー同士で親睦を深める交流会が催されました。大阪会場でも沢山のフリーランスの人たちがいたので、全ての人と交流はできませんでしたが楽しい出会い、今後も交流がありそうな人との繋がりができました。

https://twitter.com/coco_webwriter/status/1118940059846078464

新しい働き方LABはまだ立ち上がったばかりなので、今後どういう展開や広がりになっていくのかまだわからないですが、なにかあれば積極的に参加していこうかなと思います。

新しい働き方LAB by ランサーズ

ランサーズと全国のフリーランスの共創による、つながり・気づき・学びをコンセプトとした「新しい働き方コミュニティ」。専業・副業・複業をはじめ、これから新しい働き方をしたい人も集まる場で、誰もが自分らしく働ける社会づくりを目指します。