成り立ちABOUT

JohnyWorks

屋号 | JohnyWorks
事業形態 | フリーランス(個人事業主)
創業 | 2015年3月
代表者 | 中瀬 芳邦
所在地 | 大阪府吹田市、石川県七尾市
事業内容 | Webサイトの企画・デザインおよび開発・保守管理/CMS(WordPress)導入/ECサイト構築支援/動画撮影・編集/名刺およびショップカード制作

デザインという表現を生業にするまでの経緯

私は石川県の能登半島に位置する七尾市という街で育ちました。和倉温泉という温泉街があったり、日本海の港町なので蟹やお寿司が美味しい土地柄です。
そんな街の中にあって私はというと幼少期から十代の頃は少し内向的で、あまり自己主張をするタイプではありませんでした。けれどペンを取って文章を書くことは好きだったようで、紙の上で妄想を膨らませてペンを走らせ、決して外に発信されることのない物語をしたためていたように思います。それが唯一の純粋な自己の表現でした。

高卒で専門学校へ通うために大阪で一人暮らしをすることになるのですが、その学校で専攻する学科は芸能でした。自己を表現することに奥手だったので、おそらく台詞という形を借りて決められた通りに表現をする役者に興味が湧いたのだと思います。
劇団にも所属し舞台に上がり大勢の人の前で演じる経験をさせてもらいました。少しずつ大阪という土地にも人前で話すことにも慣れ始め、それと同時に将来への不安も感じて所属していた劇団は退団することにしました。

次の道を模索しながらも二十代前半はフラフラとしながら、ある失恋がキッカケでスペインへ一人旅へ行くことにしました。当時は建築巡りをするのが好きで、スペインへ行く目的はサグラダファミリアで有名なアントニオ・ガウディの建築を巡ることでした。
実際にサグラダファミリアを目の前にすると圧倒され、近くのベンチに座りながら午前中の半日はずっと物思いに耽りながら大聖堂を見上げていました。アントニオ・ガウディの残した足跡、彼の曲線美へのこだわり、実際に触れてみて私の中でなにか沸々とエネルギーが湧いてくる感覚がありました。

日本へ帰国すると手当たり次第に表現をしたい感覚にとらわれ、写真を撮り物書きをし、写真はあるインターネット上のコンテストで受賞し、またあるテーマに沿った文芸コンテストにも挑戦して、短いエッセイが入賞し短編集が集まった書籍として出版される経験もできました。

その流れで何かを表現する仕事をしていきたい。もう少し手に職を付ける形の、と考えて改めて二十代半ば頃から専門学校に通いデザインの道へと進み始めました。(続きはまた後日…)